メディアミックスで

「コロナ後に一番人が集まる商店街」をめざす

GOTO商店街事業

 

兵庫県尼崎市の「塚口笑店街」は、30店舗ほどの店舗があるアーケードのない小さな商店街です。

2020年のGOTO商店街事業で、商店街の冊子と店主たちによるYouTubeを連動させた

広告宣伝プロジェクトを展開しました。

「笑える今日がここにある」というキャッチフレーズで

コロナで自粛が続く地域の方に、商店街から笑いと元気を届けようと

商店街一丸となって冊子や動画制作を行いました。

テレビやラジオ、新聞などの取材が多数きてくださり、

地域の人だけでなく、近隣の駅を利用する人にも

「塚口笑店街」を身近に感じていただける機会となりました。

このプロジェクトを起爆剤として「ひるのみ」など商店街主催のイベントの

来客誘導につなげる計画でしたが、冊子発行直後に緊急事態宣言が発令され

全て中止となってしまいました。

しかし、商店街の店主たちはその後も継続して「テイクアウト企画」「お弁当企画」など

コロナ禍でも楽しめる企画を次々と実現され、

冊子、動画の制作を一過性のものとするのではなく

​その後の活動に活かしておられます。

制作物:PR冊子(28p カラー A4変形)

PR動画

​YouTube動画

PR冊子

​Client  塚口商店街

Director 株式会社アールコンシャス

Copy 株式会社アールコンシャス

Art Direction 清水彬仁(LEADER) Design 芝先亮蔵(Button)

Photo  内山光(SHINE 内山映像企画事務所)

動画

Director 株式会社アールコンシャス

Copy 株式会社アールコンシャス

 Movie 内山光(SHINE 内山映像企画事務所)

Animation:竹内克彦(株式会社フォリオ)

塚口笑店街PR冊子
塚口笑店街PR冊子

塚口笑店街PR冊子「笑える今日がここにある」 カラー28ページ A4変形

press to zoom

​塚口笑店街 PR動画 「笑顔に会いに行く」編